>

買い手が準備するべき書類とは

購入にあたって必要な書類

車を購入する際には、様々な書類を用意する必要があります。
まずは車庫証明書です。
購入した後に自動車を保管する場所がきちんと用意されているということを証明するための書類で、駐車場のある地域の警察署で申請をして発行してもらうことが出来ます。
そして多くの書類に印鑑を押すことになりますので、その印鑑が実印であることを証明する印鑑証明書も必ず必要です。
そして名義変更の手続きのために必要になるのが申請書と手数料納付書 、そして自動車税、自動車取得税申告書です。
申請書は運輸支局で手に入れることが出来ます。
手数料納付書は名義変更の手数料を納めるために必要になる書類で、手数料を支払ってから受け取る印紙を貼り付けます。
自動車税、自動車取得税申告書は今後どれくらいの税金を支払っていくのかということが明示されている書類ですので間違いなく記入して用意しておきましょう。

契約書は必ず用意しよう

購入する側が用意する書類というのは上で説明したようにそこまで多くはありません。
ですが必ず準備しておきたい書類として契約書があります。
これは売り手と一緒に作っていくものになりますが、作っておかないと後で困ったことになります。
個人間の売買では、間に入る人が誰もいません。
万が一悪質な売り手であった場合、自動車税や自賠償保険料、リサイクル預託金などの面でトラブルになることが多いです。
そうなった時に契約書をきちんと作成して、責任の所在を明確にしておかないともめてしまう原因になります。
売り手が契約書の作成について何も言ってこなかったとしても、自分の身を守るためにも必ず一緒に作成をすることを提案して必要項目について話し合ってきちんと作成しましょう。



この記事をシェアする