>

自動車の個人売買はどのように行われるのか

常に車にある書類

まずは車を運転する際に常に携帯しておく義務のある書類です。
1つ目は自動車検査証、いわゆる車検証です。
これは車の中に必ずあるはずですが、もしなかった場合には売買を行うことは出来ません。
万が一失くしてしまっている場合には、運輸支局で再発行をしてもらわなければいけません。
次にこちらもおなじく車内に必ずあるはずの自賠償責任書です。
こちらを失くしてしまっている場合には加入している保険会社に依頼して再発行をしてもらう必要があります。
3つ目は自動車税納付証明書です。
これは自動車税を納めているということを証明する書類です。
納税をしていれば毎年5月に送られてくるものですが、手元にない場合には税事務所で再発行することが出来ますので用意しましょう。
これらの3つの書類は本来であれば車にあるはずのものですが、ないと取り引きが出来ない重要なものですので失くしてしまっている場合には全て再発行をして準備します。

自分で用意する書類

次に自分で用意する必要のある書類についてご紹介いたします。
元々持っているものではなく、自分で用意しなければいけないものとして挙げられるのが委任状と譲渡証明書です。
この2枚は名義変更をするために必要になる書類です。
インターネット上で検索をすれば見つけることが出来ますので、自分でプリントアウトをして用意します。
全て記入が終わったら、必ず実印を押します。
そして書類に押されている印鑑が実印であることを証明するための印鑑証明書も必要になります。
さらに自動車リサイクル料を支払ったことを証明するための書類であるリサイクル券も必要です。
あまり知られていないものですが、通常は車検証と一緒に入っているものです。
もし失くしてしまった場合には運輸支局で再発行してもらいましょう。
最後にもし車検証に記載されている住所と現在住んでいる住所が違う場合には住民票も必要になりますので該当する方は事前に準備しておきます。


この記事をシェアする