自動車の個人売買の仕方指南サイト

自動車の個人売買に必要な契約書の作り方まとめ

売り手側が準備するべき書類とは

多くの場合自動車を売るとなるとまずは中古車販売店に買い取りの依頼をして買い取ってもらい、それを購入希望の方が見つけて購入することになります。
間に発生する手続きは全て業者が代わりに行ってくれますので、自分でやるべきことというのはあまりありません。
ですが業者を挟まずに個人間で売買をするとなるとそう簡単にはいきません。
では、自動車の個人売買とはどのような流れで行われるのでしょうか?
まず自動車を売りに出す手段としてはオークションサイトを利用する方法と、知り合いなどに直接売る方法があります。
知り合いに売る場合には直接話して金額を決めたり、実際に自動車を見てもらったり乗ってもらったりしてやり取りをします。
オークションサイトを利用した場合には、サイトの規約に沿って写真などと一緒に掲載して落札されるのを待ちます。
落札されたら落札者と連絡を取って、まずは実際に自動車を見て確認することが必要になります。
スケジュールや確認場所を決めて出品内容と実際の自動車の状態に相違がないかということを確認します。
その際には車検の有無なども確認することになりますので、コピーなどを用意しておきましょう。
お互いに納得したら、料金を支払い自動車を引渡します。
しかし、ただ自動車を売ればそれで終わりではないのが自動車の売買です。
自動車には所有している人の名義というものがありますので、売買の際には必ず名義変更が必要になりますしその他にもいくつかの手続きが必要であったり、契約書などの書類を用意する必要があります。